Qiの規格

Qiの団体であるWPC(Wireless Power Consortium)の規格ですが

V1.0 で 5W充電対応

V1.1 で FOD(Forign Object Detection 遺物検出機能)に対応必須

V1.2 で 15W急速充電に対応

今は細かい分類で言うとV1.2.3ですね。

V1.2にもBPP(Baseline Power Profile)とEPP(Extended Power Profile)があるんですが、BPPが5W、EPPが15Wと考えてOKです。

ではiPhone7.5WはBPP?EPP?どちらか?

 

答えはどちらでもないです。

BPP+  special FW (iPhone7.5WやSamsung Fast charging)

だと思ってください。

 

今販売されているいるQi充電器は

(1)5W

(2)15W

(3)5W(or15W)+iPhone7.5W

(4)5W(or15W)+Samsung Fast Charging10W

およそこの種類であり、iPhone7.5Wに対応しているのは、(2)と(3)くらいです。

代表的なデバイスと規格での充電の対応を一覧にします。(-の個所は確認してないけど5Wのはずです)

 

 

iPhone7.5Wは規格が正式に公開されていないので、Belkin,Morphyくらいしか正式に対応している機種はありません。

iPhone7.5Wを対応として売っている、大半のブランドはEPP(15W)で充電してるか、解析して似たように動かしているだけです。

 

市場に出ている安いQi充電器は、BPP+Samsung Fast chargingで、これではiPhone7.5W充電はできません。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください