まだまだQi(1)

mophyでiPhoneXの特性を取ってみました。

iOS10.x(5W)とiOS11.2以降(7.5W)の比較です。

まずは5WのiPhoneXを0-100%充電。

充電完了は4時間23分です。

 

続いて7.5W対応のiPhoneXを0-100%充電。

充電時間は3時間49分。

33分の差ですね。ちょっと大きく差が出たけど素直に乗せちゃいますw

これって置く位置で結構変わるんですよね。

いつもベストな位置でデータを取るんですが、適当に置いたら差が大きくでちゃいました・・・

この結果に示すように、最初の10数分だけが7.5W充電で、その差分がほとんどだってのが分かります。

※追記(2018.4.18)

iOS11.2にすると、7.5W対応だけでなく、充電効率が改善されているのを忘れてました。

つまりiOS11.2にするだけで、5W充電だとしても少しだけ(10~20分くらい)充電時間が短くなります。

よってこの比較で出た差分33分には

7.5W充電の差 だけでなく iOS11.2による改善 が含まれています。

 

ついでに、他社のiPhone7.5W対応って言ってるのは、こんな感じです

これは恐らくただの15W充電です。酷くて最初の2分くらいだけ12V/0.85Aで7.5W充電です。

残りのノコギリ状の部分は、高くて6W充電未満、平均で4.75W充電くらいですね。

 

優秀にmophyやBelkinをコピーしているワイヤレス充電器だと、

こんな感じです。

7.5W充電を15分ほど実施 → 5W充電 って感じの充電です。

 

ここで書いている5W充電とか7.5W充電は端末側(ワイヤレス充電器の出力)の充電を示しています。

ワイヤレスなので測りようがないので計算で出していますが、

ワイヤレス充電器の入力の電圧/電流を測定して、電圧×電流×0.75で計算しています。

何故0.75倍?

ワイヤレス充電器の効率は 出力電力/入力電力で出てきます。

大体70~75%くらいです。

良い方で計算してあげて75%で計算しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください