充電器の基礎(3)

まだまだ基礎の話が続きます。

前回は、文字ばかりで説明したので今回は絵で説明します。

説明したのを一覧にすると

こんな感じです。

 

実際にDCPやApple5W、Apple10W、Apple12Wってのはどのように構成されているか?

これは充電器の中のUSB Type-A出力コネクタ部分の回路です。

上のUSB2は、D+とD-が短絡してDCPモードにしてます。

下のUSB1は、抵抗分圧でD-に2.0V、D+に2.7Vを作ってApple10Wはモードにしてます。

充電器の中は、このようになってます。

 

100均で売ってる格安の充電器などは恐らくですが、

Android用もiPhone用も電源部回路は共通で、このUSBのコネクタ側を少し変えてるんじゃないかと思います。(見たことないので予想です)

こんな感じ。

DCPモードにするには、0Ωを実装。75kΩ、49.9kΩ、43kΩ、49.9kΩを未実装にする。

Apple5Wモードにするには、0Ωを未実装。75kΩ、49.9kΩ、43kΩ、49.9kΩを実装にする。

これで1.5A出力の充電器をDCPとApple5Wモードの共通にすることが出来ます。

簡単ですよね。

 

この簡単な切り替えを自動で実施してくれる機能があります。

それが、以前に説明した

PowerIQ、AutoIC、お任せ充電、SmartICとか

です。

これらは各社で呼び名が異なりますが、全て同じで機能的に差分はありません。

回路はこんな感じ。EmulaterCと書いた小さいIC1個で実現できます。

同じような機能のICがたくさんありますが、Ankerが使ってるのはこれ。

 

CW3002。これを使ってるところが結構多いと思います。

(他にも知っているだけで、10種類ほどありますがほとんど同じ機能です)

次回はこのICの機能を説明してみます^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください