充電器の基礎(4)

前回の続き

CW3002。これを使ってるところが結構多いと思います。

(他にも知っているだけで、10種類ほどありますがほとんど同じ機能です)

次回はこのICの機能を説明してみます^^

CW3002の説明を書こうと思ったのですが、前回のでおおよそ書いているなぁ・・・と思いました。

そこでまずはUSB BCの説明から

USB BC1.2では5つのステップで充電検出を行います。

1. Vbus検出

スマートフォンなどのデバイスはまずVbusの供給から検出します。

2. データコンタクト検出

Vbusを検出すると次にデバイスは、データピンが接触していることを確認します。

接触が確認できない時は、SDPと判断します。

3. 第1段階充電検出

データピンの接続が確認できたら次にデバイスは、CDP・DCPSDPの識別を行います。

詳しく書くと面倒なので^^;D-の電圧を確認してSDPかCDP、DCPを識別。

SDPと判断したらこのステップまで。CDP・DCPの場合は次のステップに進みます。

4. 第2段階充電検出

次にデバイスは、DCPCDPかの識別を行います。

詳しく書くと面倒なので^^;D+の電圧を確認してCDPかDCPを識別。

DCPの場合は電流供給、CDPの場合は次のステップに進みます。

5. CDP充電電流制限

最後にCDPHS/FS/LSの識別を行います。

これがUSB BCの動作です。

 

CW3002の話に戻ります。

おおよそここまでに書いた通りで、USB BCの識別に加えてAppleかDCP(Android)かを自動で識別するだけです。

この手のデバイスのシーケンスは公開されていない(Datasheetが貧弱)なので、経験値からですが、

3. 第1段階充電検出

4. 第2段階充電検出

の間にAppleの検出が入っていると思います。

 

異なる部分だけかみ砕いてピックアップすると

まず、Apple5W/10W/12Wの設定電圧をD+/D-に出力する。(どれか一つだけです)

スマートフォンなどのデバイスはそれを受け取り、ネゴシエーションを行う。

ここでネゴシエーションに成功すればApple対応の充電器が接続されたことをデバイスが認識し、デバイスから電流が要求される。

Appleネゴシエーションに失敗すれば、DCPモードの設定をD+/D-に出力する。

デバイスはそれを受け取りネゴシエーションを行う。

ここでネゴシエーションに成功すれば、Android対応の充電器ということをデバイスが認識し、デバイスから電流が要求される。

簡単に書くとこんな感じです。

決してややこしくなく、単純なことをしてます。

と書いてますが、別に特別な技術ではありません。

どこのメーカーでもやってる普通のことです。

 

ついでに

これも特別な技術ではなく、ConverterICが持っている、ケーブル補正機能を使っているだけで、

この機能を持っているConverterICを使っているかどうかだけです。

 

別にAnkerにうらみがある訳ではありません^^;

Anker製品いっぱい使ってますよ~~~~~

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください