モバイルバッテリーのPSE

2018年2月 経済産業省から電気用品の範囲等の解釈について(通達)の改正があり

モバイルバッテリーがPSEの対象となりました。

 

どのような内容か簡単に説明すると

1)今まではモバイルバッテリー(容易に分解出来ない構造のモノ)はPSE対象外であったのが対象となりました。

2)対象となるモバイルバッテリーは体積容量400W/L以上のモノが対象(ここは変更なし)

モバイルバッテリーの中のセルが400W/L以上だと対象になります。

18650サイズだとほぼ対象。リチウムイオンポリマーもほぼ対象だと思って良いです。

3)技術基準(別表第9)に適合すること。

4)検査は全数 外観と出力電圧を確認する。

ということです。

 

ところでPSEって認証ではないんです。

PSEに適合してますよ~と届け出を出して、PSEマークを付ける。

これは製造者や輸入業者の義務なだけなんです。

更に、提出するのは”技術基準に合格しています”という証明だけで、技術基準に適合しているかの試験結果は必要なかったりします。

 

言い換えると、〇PSEマークを付けるのに、認証試験など無いので

〇PSEマークを付けたければ適当な証明書付けて申請すれば〇PSEマークを付けることも出来ます。

 

もっと極端な話をすると、勝手に〇PSEマークを付けて販売することもできます。

認証では無いので、勝手に〇PSEマークを付けて販売することが可能なんです。

販売店が資料を要求して確認して売ってくれればOKですが、ネット販売などではそんなことは無いでしょう。

 

たまに、指定機関が抜き打ちで試売テスト(試しに購入して試験する)ってのをしたりしますが、それに引っかからなければ分かりません。

 

ネット販売などでPSEマーク付きと言ってシールを付けて売ってる、中国から直送してくるような製品は勝手につけてるかも?と思った方がよいかもです。

『PSE認証』って書いて売ってるのも、PSEのことを理解していないんだと思います。先ほど書いたようにPSEは認証ではないんです。取得ってのも少し違います。

ってことは、認証って書いて販売しているのはPSEを分かっていない。=怪しいってことです。(ユーザーに分かりやすいようにって心使いかもしれません)

 

これらを踏まえ、

PSEマークが付いていれば安心か?というとそんなこともありません。

粗悪な製品が出回らない抑止効果はあると思います。

 

モバイルバッテリーの事故の大半はセルの製造にあると思います。

セルの中に異物が混入したりセパレータの作りが悪かったり。

技術基準に合格したり、出力電圧や外観を検査したところで、製造上でセルの中に異物が混入したかなんて全然分かりません。

 

でもこれは今まで規制がなかったモバイルバッテリーに対して、まず規制の一歩踏み出した。という意味があることだと思っています。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください