Anker Powercore Speed 20000PDレビュー

言わずと知れた天下のAnkerのPower Deliveryモバイルバッテリー。Power DeliveryのAC充電器も付いていてお買い得感があります。

1)各Portの出力設定

Type-C設定

Source Capabilitiesを確認したところスペック通りでした。

Power Deliveryは24W出力。仕様通りの設定です。

一部の他社のPower Delivery製品では、Type-Aを使用するとType-C側を絞ったりする製品もありますがそんなこともしていません。Type-Aと併用してもPower Deliveryの出力は落ちません。ここは好感が持てます。

Cold Socket:OK(負荷が無い状態では出力がOFFしています)

D+/D-:Short(BC 1.2 DCP対応。これ(自動識別ICでも可)じゃないと充電出来ないスマートフォンがいるので必須)

CC1,CC2は個別Pullupされています。

Type-A設定

D+:2.7V、D-:2.7VのApple12W設定。自動識別機能(PowerIQ)有。

しかし出力能力は5V/2.0A出力しかないためiPadを充電しようとしても5.0V/2.1A程度しか流れません。(出力を5.2Vくらいの高めに設定しているので、電圧降下しても5.0Vなんですね)

自動識別の機能(PowerIQ)が付いているので、Androidの時はBC 1.2 DCPに切り替わります。

 

2)出力の能力

20,000mAhの1Cは20A

上限の出力能力は 4.2V*1C=4.2V*20A=84Wh 、 84Wh*80%=67.2Wh(一般的な高率で80%で計算)

下限の出力能力は 3.0V*1C=3.0V*20A=60Wh 、 60Wh*80%=48Wh(一般的な高率で80%で計算)

となります。

Power Deliveryを24W出力したとしても5Vで2.4A出力は可能なはずでは?

またPower Delivery30W+5V/2.4A=42Wも可能だと思います。

(なんで絞っているんだろう?ICの発熱などの問題かな?)

 

3)充放電

Type-C(Power Delivery以外)として、モバイルバテリーへの充電は

Type-C(3.0A)はRd:10kΩを検出して正常に3.0A充電

Type-C(1.5A)はRd:22kΩ検出をして正常に1.5A充電

※AtoCケーブル充電はRd:56KΩ検出をしますが0.5A充電になります。

AC充電器の選択は注意です。Type-C(3.0A出力)かPower Delivert対応にしましょう。Type-A出力充電器で充電するととてつもなく充電に時間がかかります。

 

Type-C(Power Delivery以外)として、モバイルバッテリーからの放電は

Rd:10kΩでType-C(3.0A)設定です。

 

充電は20V/1.5A=30Wで充電可能。20,000mAhなのに3時間少々で充電可能なのは素晴らしいです。

放電は5V/2.0A出力(0.2ItAより少ないくらい)時の出力容量は

11,089mAhです。

試験条件を考慮して60%程度でしょうか。

特出することなく普通の放電能力です。

 

4)AC充電器

付属のAC充電器はPower Delivery30W対応 PowerPort Speed 1 PD30です。

最新のコンパクトなモノでもなく、普通のPD充電器です。

この価格の物が付属なのは良い?要らないから安くしろ?人それぞれですね^^;

 

5)付属ケーブル

Micro USBケーブル、USB-C to USB-Cケーブルが付属していますが、付属のUSB-C to USB-Cケーブルの使用はお薦めしません。

ケーブルが細く電流を多く流すことが出来ません。

手元にあったオウルテックのケーブル(同程度の長さ)と比較すると

※何故オウルテックのType-Cケーブルかというと、何種類か使ってみたのですが電流を多く流せるからです。

オウルテック製ケーブル

Anker製付属ケーブル

Owltechケーブルが2.9A流す条件時でも、Ankerの付属ケーブルは2.2Aしか流せません。(電圧もかなり降下してます)ケーブルは別のモノを用意した方がいいです。

5)PSEマーク

購入したのがかなり前だったので、PSEマークは当然ありません。

この製品にPSEマークを付けるとしたら

12,000mAh @ 5V 、6,660mAh @ 9V、5,000mAH@12V、4,000mAh@15V、3,000mAh@20V

のように各電圧での定格容量を記載する必要があるはずです。

PSEマーク付きの製品を確認してみたいです。

 

総評

Power DeliveryやType-Cを使わない、またiPhoneでもPower Deliveryの恩恵を受けないiPhone7以前のユーザーやiPhone8以降のユーザーでもCtoLightningケーブルを使ってない方はこれは買わない方が良いかもです。

Type-Aが1ポートしかなく、5V/2.0Aの縛りがあるので使い勝手が悪くなります。

20,000mAhとなると重さがかなり重くなります。それを生かしきれない設定になっており20,000mAhを充電するのが早いのだけの残念な設定になっています。(Power Delivery 30W + Type-A 5V/2.4Aが可能だと思いますが、使っているICがそこまで出せないのかな)

Power Deliveryの人のためのバッテリーで、Type-Aはおまけですかね。

重さを気にせずにPower DeliveryもType-Aも使い勝手が良い製品を選ぶなら、一つ上の

をお勧めします。

こちらはPower Delivery30W出力 + Type-A 5V/3.0A x 2portです。

※自分に必要な容量を考慮してバッテリーは選びましょう。旅行であればAC充電器は持っていくでしょう。20,000mAhが必要な状況はほとんどないと思います。10,000mAhくらいが妥当だと思っています。

 

僕の認識ではこの製品(バッテリー)はPower Delivery認証は取れないはずなんですが、なんで取れているんだろう・・・

(認証取ってるけどLogo載せてない辺りに何かあるのかな)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください