良くないと思うスマートフォンの使用方法

以下、僕が思う良くないと思うスマートフォンの使用方法

都市伝説くらいの解釈で読んでください^^;

(1)車やバイクなどで充電しながらカーナビとして使う

GPS+モバイルデータ通信+充電 でスマートフォンは最高に熱が上がっています。

バッテリーの許容温度は35℃~40℃です。優にこの温度を超えているのではないでしょうか?

恐らくスマートフォンは充電の電流を絞ります。

それでも熱いので、稀に警告メッセージが出る(そうなったのを聞いたことがある)場合もあります。

バッテリーは早く痛みます。

出来れば、充電しながらカーナビとして使うのは控えたほうが良いと思います。

 

(2)動画見ながらQIで充電

それと同じくらい悪いのがこの組み合わせ。

そもそもQiで充電をすると端末と充電器の間で熱が籠ります。

籠った熱で、スマートフォンは充電電流を絞るので、Appleの7.5W充電は機能をほとんど機能を成さないのです。

その状態で動画を見る。スマートフォン側の発熱は更に上昇。

前述のようにバッテリーの許容温度は35℃~40℃です。バッテリーは早く痛みます。

そもそもQiはバッテリーの劣化を早めるというレポートもあるので、長く使いたい方はQIで充電は控えた方が良いと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください