USB Type-C(4) Type-Cケーブルについて

Type-Cケーブルの種類

・Type-C to Type-C Cable

Full-Featured Type-C Cable(USB3.1Gen2、USB3.1Gen1など)

USB2.0 Type-C to Type-C Cable

・Type-C Legacy Cable(Type-A to Type-C)

USB3.1Gen2、USB3.1Gen1 Type-A to Type-C Cable

USB2.0 Type-A to Type-C Cable

があります。

Type-Aを採用しているのをLegacy Cableと呼ぶ。でもLegacyでも3.1Gen2対応があるんです。

もう既にややこしい^^;

 

Type-Cケーブルで供給可能な電流

・Type-C to Type-C Cable

Type-C@1.5A

Type-C@3.0A

USB Power delivery

・Type-C Legacy Cable

USB BC1.2

の区分です。

Power DeliveryにはFull-Futured Type-Cじゃなきゃいけないってこともないです。

USB2.0 Type-C to Type-C CableでもPower Deliveryに対応しています。

eMakerは60Wを超えるモノは必須ですが、60W以下はオプション扱いです。

この曖昧な点でまた誤解を招きやすいですね。

 

Alternate Mode

Full-Featured Type-C Cable(USB3.1Gen2、USB3.1Gen1など)はAlternate Mode(オルタネートモード)に対応します。

Alternate ModeとはUSB Type-Cケーブルを使って、USB以外の方式でデータを送受信する機能です。

DisplayPort、HDMI、superMHL、Thunderbolt3などをサポートします。

(USB2.0 Type-C to Type-C Cableは対応しません)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください