モバイルバッテリーは自然放電するのか?Part2

前回から時間も経ったので情報更新します。

1年経ったらどのくらい減るの?

ということで新たに検証してみます。

ターゲットは前と同じく

au+one collectionの

ポータブルバッテリー Slim10000

 

1年放置してから確認すると

まだ100%表示のままでした。

これ本当?との疑問がそこで、1年放置状態のバッテリーを放電試験して放電容量を測定してみます。

1年放置したモバイルバッテリーの放電容量を測定して、1年前測定した放電容量と比較してみると差が分かるだろうということです。

 

1年前購入当初の放電容量は、32Wh(5V6400mAh)くらいです。

では1年後の放電容量は・・・23Wh(5V4600mAh)でした!

 

ということで25~29%くらい1年間で自然放電しているようです。

満タンにしておけば3年は持つということかな?

結論。

前回と異なりますが、

自然放電はします!10000mAhのモバイルバッテリーで1年間で25~29%、月辺り2~3%程度自然放電しています。

・LED表示は必ずしも正しいとは限らない。これは恐らくセルの電圧で決めているので仕方ない

 

ということで訂正させていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください