オウルテック OWL-LPB10012レビュー

超タフケーブルでお馴染みのオウルテック。モバイルバテッリーも数多く出しています。

そんなオウルテックの新製品。OWL-LPB10012

特徴は低電流モードを搭載していることです。

1)各Portの出力設定

Type-C設定

Cold Socket:OK(負荷が無い状態では出力がOFFしています)

D+/D-:D+:2.7V、D-:2.7VのApple12W設定。自動識別機能(SmartIC)有。

CC1,CC2は個別Pullupされています。

 

Type-A設定

D+:2.7V、D-:2.7VのApple12W設定。自動識別機能(SmartIC)有。

自動識別の機能(SmartIC)が付いているので、Androidの時はBC 1.2 DCPに切り替わります。

 

2)出力の能力

10,000mAhの1Cは10A

上限の出力能力は 4.2V*1C=4.2V*10A=42Wh 、 42Wh*80%=33.6Wh(一般的な高率で80%で計算)

下限の出力能力は 3.0V*1C=3.0V*10A=30Wh 、 30Wh*80%=24Wh(一般的な高率で80%で計算)

となります。

24Wまで出力できるか?と思って仕様を確認しましたがTotal15W出力でした。

まぁ、通常の仕様ですね。

 

3)充放電

モバイルバッテリーへの充電はType-Cで実施。

Type-C(3.0A)はRd:10kΩを検出。正常に3.0A充電

Type-C(1.5A)はRd:22kΩ検出。正常に1.5A充電

AtoCケーブル充電はRd:56KΩ検出。1.5A充電になります。

充電は申し分なしでGOOD。

Type-C 3A出力のAC充電器で充電。約3時間30分で満充電

Type-C 5V3Aでのモバイルバッテリーからの放電は

5980mAhです。約60%で標準です。5V3Aで出力している割には良い値です。

参考に5V2.4A放電だと6673mAh出力出来ました。

 

4)低電流モード

マニュアルを読むと、

Bluetoothイヤホンなどの充電電流の小さな小型電子機器に給電できるモードです。

と記載されています。

モードに入るには、電源ボタンを5秒以上長押しする。

実施するとインジケータが遅い点滅(2.5秒点灯/2.5秒点滅くらい)になります。

これで低電流モードに入っているようです。

低電流モードは約3時間で自動OFFするとのことです。

電子負荷で電流50mAにしてみ試してみます。

定電流モード無しだと速STOPします。

次に低電流モードONで測定。

確かに3時間ほど継続して自動OFFしました。3時間あればおおよそのBluetoothイヤホンは充電できるでしょう。

自動でOFFしてくれるので無駄に流しすぎなくて良いですね。

 

5)付属ケーブル

Type-A to Type-Cケーブルが付属していますType-C to Type-Cケーブル付けて欲しかった・・・

 

6)PSEマーク

私が、オウルテックのモバイルバッテリーを評価するのは、

PSEマークやリサイクルへの取り組みをきちんとしていることです。

PSEマークは。経済産業省で取り決めてあるように

モバイルバッテリーとしての定格出力電圧、定格容量をキチンと記載しています。

前にも書きましたがこれを真面目にやってるところ少ないです。

そしてリサイクルマークも入っています。

 

総評

オウルテックのモバイルバッテリーのレビューは初ですが、性能としては標準的です。

定電流モードとカラバリが豊富なのが特徴でしょうか。同じシリーズで5000mAhも販売しています。

PSEとリサイクルへの取り組を真面目にしていることが、同等他社製品と比較して評価できると思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください