Mirabookレビュー[2nd]

MirabookのSPECは以下です。

項目 SPEC
ディスプレイ 13.3インチIPS(1920×1080)
キーボード フルキーボード、日本語109キーボード
バッテリー Li-ion 4500mAh
充電ポート Type-C
スマホIF Type-C(Color Touch)
IOポート USB Type Aポートx2、HDMI出力ポートx1
オーディオ端子 3.5mmオーディオ端子
カードスロット microSDカードスロット
サイズ 320×220×15mm
重さ 1.0kg

赤字部分はこれから説明^^;

以下、僕はMirabookは良い製品だと思ってますが

Mirabookの代理店であるHTLの対応には甚だ異議を唱える部分があり、そこを強調して書いてある箇所があります。ご了承ください


さて代理店のHTLによると僕が購入したMakuake仕様のMirabookのキーボードはフルキーボードかつ日本語109キーボードとのことです。

フルキーボード?日本語109??

 

皆さんご存じのように

・フルキーボードとは、ファンクションキーやテンキーなど、入力に必要十分なすべてのキーを備えたキーボードのことです。

・日本語109キーボードは109個のキーからなる日本語入力用のキーボードです。テンキーなども含んでます。

ではMirabookのキーボードは、、、

 

どうみてもフルキーボードではないし、109キーボードでもありません。

しかもこのキー配列はJIS日本語配列ではなく、ASCII配列に日本語を印字しただけです。

揚げ足をとるようで申し訳ないですが、しっかりとしたSPECを出しましょう・・・


重さは

1kg。のはずでした。

Makuakeのプロジェクトを閉めたのが5/29。

そこから納期変更を3回。

Makuake支援者を優先するという約束も反故にされ、大手量販に卸して。

そこで発覚です。重さが1kgではなく1.3kg。

「令和のポケットボード」スマホパソコン化計画の「Mirabook」を衝動買い

誤記載と説明していますが、Makuake支援者には

当初仕様は約1kg強の設計となっておりましたが、本体アルミ部分の削り出し
の工程で若干重さが増え、約今回1.3kgの本体重量となりました。

出来上がったら重かったと説明してます。

何故こんなことになってるのか。。。。


AC充電器はこんな感じでMirabookとお揃いのマーク付きです

このAC充電器そこそこ優秀なIFです。

PD45W対応です。

しかも隠れてPPS対応してます。

それだけでなく、QC2.0、QC3.0、SCP、AFCにも対応してます。


Mirabookから出るType-C(Color Touch)の出力は

PDだけど9V0.78Aって、かなり変態です。C-HUBのような物だから仕方ないですね。

これだとiPhone8以降でもPD18W充電は出来ないです。

iPhone11を接続しましたが8.78V/0.82Aでした。

今のところiPhoneはまともに使えないのでどうでも良いですが・・・


僕がMirabookを買った理由の一つがiPhoneで使うこと。

ということでまずはモニターとして使える。そして

ということで、そのうちiPhoneに対応するという予告です。

 

まずはiPhoneでモニターとして使用かな?まぁ出来るっていうなら自分で出来るだろうと思いました。

モニターだけ使うように下記を入手し

・Cメス to Cメス変換アダプタ

・C to Lightningケーブル

・Lightning to C OTGケーブル

と様々な組み合わせを試しましたが、出来ません。

僕だけでなく同じことをして出来ない人もいました。

そのことを僕を含め何人かの方がHTLに尋ねたのですが・・・

検討違いの回答です。(そしていつも日本語がおかしい・・・)

何度聞いても検討違いの回答か無視です。(どうやら都合の悪いことは無視しているようです)

他の対応を見てると、HTLはどうやら何も確認せずにMiraxess社の書いたことをそのままMakuakeに載せたようです。


続きます。(次はまともなことを書きたい^^;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください