iPhone12 高速充電


iPhone用電源アダプタ

ここに

注記: 高速充電には、iPhone 12モデルの場合、Apple 20W USB電源アダプタなど、最低出力20Wの電源アダプタが必要になります。他社製の電源アダプタを使用する場合は、次の推奨仕様を満たしている必要があります

と書いてあります。

凄く表現が曖昧です。
 高速充電には
とありますが、それって何?
別に何W充電などの規定がありません。
Appleが言うところの高速充電であり何の規定もないでのす。ここに大きな問題?誤解?
というかApple 20Wを買え!という意思が見えます。


そこで色々測定してみました。

まず用意したのは

純正のApple 20W充電器

初めて使ってみます。オウルテックのAC充電器 PD18W充電器

Anker PD30W充電器

これらでどうなるか?


まずはPDのプロトコル確認

Apple 20WとiPhone 12 proを接続するとiPhone12は
9V2.2A Request
を出します。

次にオウルテックPD18W充電器と接続すると
9V2.0A Request
を出します。

最後にAnker PD30W充電器と接続すると
9V3.0A Request
を出します。

この辺はPower Deliveryの作法に乗っ取って動いています。

では実際の電圧電流はどうなるか?

充電器は変えながら、付属のLightningケーブルで試験しました。


Apple 20WとiPhone 12 proの波形

PDの一番高い電力で充電するのは0%から初めて10分程度です。その間の充電は約18Wです。
0-100%の時間は約2時間10分


次に

オウルテック18WとiPhone 12 proの波形

同じ波形じゃないの?と思われるかもしれません。
一番高い電力で充電はこちらも約18Wです。
0-100%の時間は約2時間10分


 

次に

Anker PD30WとiPhone 12 proの波形

同じく一番高い電力で約18Wです。
0-100%の時間も約2時間10分


つまり充電器がApple 20WでもiPhone 12/12proが18W以上で充電しないので20W充電器の効力は果たしません。
残念ですが。。。

ではApple 20Wは役に役にたたないのか?意味ないのか?というとそうでもないと思ってます。
次に来る
iPhone 12 pro max
これの時は20Wの効力が発揮されるのでは?と予想してます。
それは
iPhone 11 pro maxが22W充電した。という実績があるからです。

iPhone 11シリーズ

 

iPhone12を買ったら、Apple 20W充電器が必要なんだ!
PD18W充電器は持ってるのに・・・AppleとAnkerしかないじゃないか!!!と慌てずに。

・iPhone 12/12proはPD18W充電器で十分です。

・PDが有効なのは0%充電から30分程度です。
 50%以上から継ぎ足し充電する方はPDの恩恵はほとんどありません。
 
・0-100%の充電であれば5V2.4A充電器でもそんなに時間は変わりません。

慌てずに見極めて使っていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください