iPhone12 Magsafe(2)


MagSafeの15W充電はApple製20W電源アダプタ使用時のみ実現か

試してみました。

・Apple20W+Magsafe

・オウルテックPD18W+Magsafe

・Anker PD30W+Magsafe

結果

・充電時間:3パターンともほぼ同じ。3時間30分くらい、

・最大充電電力:Apple 20WとAnker PD30Wは15W充電。オウルテックPD18Wは11Wくらい。
  しかし、15W充電も11W充電も時間は10分未満なので大きな差がつかない。

という結果です。

※PD18Wを使うと11Wの電力がなかなか安定しなかったことを書いておきます。それでも大きな影響にはならないです。

つまり既存のワイヤレス充電器を使っても、Magsafe+Apple20Wを使っても、Magsafe+18Wを使ってもそんなに大きな差は出ません。

今後、iOSのバージョンアップで何かの縛りを入れてくるかもしれませんが、ひとまず参考に。

 


Magsafe対応ケースもなんとなくわかってきました。

まず、僕が測定した結果、
Magsafe対応ケースと3rdパーティ製のケースではMagsafeを使った充電には何の影響もありませんでした。

iPhone12 Magsafe

調べた結果、Magsafe対応ケースには図のようにMagnetが埋め込まれています。

丸く並んだほうがArray Magnet

四角二つ並んでいるほうがOrientation Magnet

ケースの中でどのような役目をしている?

Array MagnetMagsafeとの結合を強くする役目。
 磁力で着いた時に外れにくくするのもMagsafeの規格なんです。
 ケースに意味なくついたように思えるMagnetは外れにくくするためです。
 つまり充電には何の影響もないのです。

Orientation Magnetはこれは方向を定めるため。
 Magsafe対応のカーホルダーなどで縦置きと決まってるような時にOrientation Magnetで方向を決めるようです。

今のところケースにNFCを埋め込んだような製品は投入されていないようです。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください