Mirabookとは?使ってみた感想


この投稿はMirabookで書いてます。

僕の夢でもあったこの端末。
使い込むってほどでもないですが、使ってみて感想。

以前であれば価値があったこの端末ですが、今は価値はほとんどありません。ってのが僕の感想です。


・自宅でパソコンの代わりに使いたい人

C-HUBとディスプレイとキーボード、マウスの組み合わせで十分です。
ディスプレイとキーボード、マウスが手元にあればC-HUBを追加するだけで同じことができます。
予算4,000円〜くらいで実現可能です。

動作保証はしませんがこんなのを使ってください。

 

イメージはこの図です。

iPhoneでもHDMI変換アダプタがあればそれだけで実現できます。

iPhone HDMI 変換ケーブル 1080P hdmiポート+USB 高速ポート+Lightning高速PD充電ポート 3in1 ライトニング usb カメラアダプ カメラカードリーダー 高速な写真とビデオ転送 キーボード マウス USBメモリOTG対 IOS14対応(ホワイト) UWECAN
UWECAN

これにHMDIケーブルとキーボード、マウスを接続すればOKです。
よっぽど低価格でシンプルです。


・ノートPCスタイルで持ち運んで使いたい方。

残念ながら1.3kgのこの端末は持ち運んで使うことには向いていません。
単にスマホの機能をミラーリングしているだけです。
それ以上の機能はありません。

値は張りますが下記のタブレットにキーボードを付けた方が可搬性に優れています。

HUAWEI Matepad

Galaxy Tab

SAMSUNG GALAXY Tab S7 11″ Wifi SM-T870 128GB ギャラクシータブS7 SIMフリー Mystic Black [並行輸入品]
Samsung

上記タブレットは
・軽い
・PCモードを持っている
など十分Mirabookに対抗できます。

 

持ち運び出来るモバイルディスプレイとキーボード、C-HUB、バッテリーを組み合わせてもOKです。


ではMirabookは何が良いの?

前にも書きましたが、ディスプレイ、キーボード、C-HUB、バッテリーをこの形状に
パッケージングしたことだけがこの製品の価値だと思います。
それ以上の価値は残念ながら無いかな・・・

簡単に同じことを寄せ集めで 安く 軽量で 実現できてしまいます。

まぁこんな評価をくだせるのは、僕が道楽者で
 iPad Air 4
 Matepad pro
などを持っていて、Mirabookを
 iPhone11
 HUAWEI P30Pro
でも使ってみたという恐らく稀な人だからです。
普通ではないですね。

でも見ている人が少ないとはいえ、
 使える!(と書いたつもりは無いのですが)
と評価していたのに、
 参考にして購入したら使えない!!
とは言われたくはないので。

正直に言うと
よっぽどのガジェットマニアじゃなければやめておきましょう。
タブレットや安いノートPC買った方が幸せです。

失敗した~と思っているかと言えば、そうでもないです。

これはこれ。
よい経験と楽しさを与えてくれました。

Mirabookを買ったこと自体はそんなに後悔はしてないですし、これからもチョコチョコと使っていこうと思ってます。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください