iPhone12シリーズのワイヤレス充電 相性問題


iPhone12シリーズのワイヤレス充電が何故出来ない場合があるか?
今までiPhoneで使えていたワイヤレス充電器が機種変更したら使えなくなった!
何故?

これは、ワイヤレス充電器メーカーが悪いのではありません。

悪いのはAppleです。(だと思います)

ワイヤレス充電器のほとんどはWPC(Wireless Power Consortium)の規格に則って製品を作っています。
(認証品か非認証品かはありますが)

そしてスマートフォンもWPCの規格に則って作られています。
同じ規格同士の製品。だから市販の充電器で互換性を持った充電が可能だったんです。
もちろんiPhoneも認証品

でした。

実はiPhone12シリーズはWPC非認証品です。
それはiPhone12からMagsafe対応でWPCが認証したコイルと異なるコイルを採用したからです。
この時点でWPC認証製品との互換性は保証されなくなっています。

以下はWPCで確認できる認証品リストのApple関連製品です。
iPhone8~11シリーズ、SE(2nd)まで登録されていますが、iPhone12シリーズは登録されていません。

iPhone12シリーズは、Magsafeで快適な充電を目指したはずです。
しかしこのような相性問題が発生してユーザーにとってはうれしくない事態です。

AppleはLightningケーブルのようにMagsafeを行うつもりでしょうか?
Magsafeはケーブルが付いて回るため、既存のワイヤレス充電器の方が使いやすいとも思えます。
さらにペースメーカーなど医療機器の動作に影響を与えるとの話もでています。

次のiPhoneシリーズにもMagsafeは搭載されるのか?
ちょっと興味深いです。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください