マグネット式ワイヤレス充電器が来てる!!


AppleのMagsafe

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,450 (2021/06/17 01:16:41時点 Amazon調べ-詳細)

これには全く興味がなかったのですが。

使ってないiPhone7plusをカーナビにしてみるか。などと思い車載用マグネットホルダーを探しました。

たどり着いたのがこの辺の商品。

エアコンの吹き出し口に取り付けるのと、ダッシュボード固定用。
磁力もそこそこあり、まずまずです。


そのうち欲求は高まり、愛用のiPhone11やGalaxyも取り付けたくなりますw
メタルプレートをオプションとして購入して取り付け。

これも満足。


使ってると意外と便利w
そうなると次の欲求が。
メインのiPhone11で充電もしたいなぁと・・・
そこでいろいろなマグネット式ワイヤレス充電器を試してみることに、それにはまず


メタルプレートが必要です。
これiPhoneだけでなくGalaxyにも使える。
(位置決めガイドも付いていて便利~と思ったけど、そうでもなかったですw)

まずはiPhone11のケースに貼り付けます。
iPhone11は簡単。
リンゴマークを中心にメタルプレートを張り付けます。

ワイヤレス充電非対応のHUAWEI nova 5t

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥44,800 (2021/06/17 07:49:31時点 Amazon調べ-詳細)

これは適当にやってOK。(メタルプレートが充電対応/非対応で二重になってます)

苦労するのがGalaxy。
僕のGalaxyはs20FE 5Gなんですが、これは大変です。


その話は後程


ワイヤレス充電器も何種類か試しました。
磁力が少し弱いけどクランプがしっかりしてるのはこれ

磁力もクランプもしっかりしてバランスが良いのはこれ

これはダメです。1週間も経たずに本体が磁力に耐えれずに2枚下ろしになりました。

充電の性能は面倒なので見てないです^^;
固定するのがメインな目的なので問題なしです。


さて問題のGalaxyへのメタルプレートの貼り付け。

iPhoneは比較的楽だったのですが、Galaxyはそうはいかなかったです。
Galaxy本体に貼るのであれば、ある程度簡単(位置決め誤差が大きい)なのですが、ケースに貼り付けるのはかなりシビアでした。
そこで僕が実施したやり方を

①Galaxyにテープを貼ります。写真のように角と角を対角で結ぶように。

これで凡そのセンターが位置決めできます。
その位置をワイヤレス充電器と合わせれば恐らく充電できるでしょう。
ただしケース無しの場合だけです・・・

②ケースの厚さと同じくらいの板を用意します。金属はNGです。

③板越しに充電してみます。
この時、充電できてもすぐに満足せずに1分以上連続で充電できるポイントを探しましょう。
充電できても位置が悪いと1分ほどで異物検出にかかり充電は停止します。
安定して充電できるポイントはかなりシビアで㎜単位の調整が必要です。

④連続で充電できる現在の位置をテープの上にマーキングします。

こんな感じ

⑤テープの上からケースを付け、テープのマーキングの中心にメタルプレートを貼り付けます。

⑥メタルプレートをしっかり貼り付ければ完成。ケースを外してテープを剝がします。
これでマグネットで固定しながら充電が可能になります。

※全ての機種でこのやり方ができるかは保証できません。
実施は自己責任で^^;


Appleの純正Magsafeは使える感じがしませんでしたが、
ワイヤレス充電器が固定される車載タイプはかなり便利です。
同じようにスタンドタイプも便利だと思います。(車載タイプをスタンドタイプのように使ってみましたが便利でした)
Magsafeはいまいちだと思ってましたが、使い方次第で便利だと考えを改めました。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください